クレジットカード現金化の支払いを分割払いにすることについて

クレジットカード現金化の支払いは、一括払い以外に分割払いもできますよね。
では、分割払いにすることのメリットとデメリットは何でしょうか。
現金化における分割払いのメリットとデメリットについて、それぞれ詳しく説明します。

メリットは毎月の支払額を安く抑えられること

分割払いにすることのメリットは、毎月の支払額を安く抑えられることです。
仮に一括払いだったら、支払い日に請求分をまとめて支払わなければいけません。
一括払いで問題なく支払えるなら、分割払いにする必要はありませんよね。
ですがあまりにも額が大きいと、支払えるかどうか不安になってしまいます。
支払い日に払えるかどうかヒヤヒヤするのは、精神的に苦しいものです。
分割払いは一括払いと比べて支払額が少ないので、ある程度の収入があれば問題なく支払えます。
毎月の支払額を安く抑えられるので、支払いが滞るリスクを軽減させられます。
一括払いできるか不安な時は、無理せず分割払いにするのも選択肢の1つです。

メリットは支払いの計画を立てやすいこと

分割払いにするもう1つのメリットは、支払いの計画を立てやすいことです。
分割払いであらかじめ支払う額が決まっていれば、その分支払いの計画を立てやすくなりますよね。
一括払いだと月によって支払い額に変動があるため、どう支払っていくかの計画を立てにくくなります。
たとえばある特定の月だけ支払額がはね上がってしまったりなど、計画的に支払うのが難しいと言わざるをえません。
給料が入ってから支払う人がほとんどなので、支払額がはね上がると対処しにくいですよね。
分割払いで支払額がほぼ一定なら、その支払額を目安に支払いの計画を立てられます。
手持ちのお金をどこまで使って大丈夫なのか判断しやすいので、とても管理しやすくなります。
月によって支払額が大きく変わりそうな場合は、支払いの計画を立てやすい分割払いにするのがおすすめです。

デメリットは金利手数料が上乗せされてしまうこと

一括払いなら無料ですが、分割払いだと金利手数料が上乗せされてしまいます。
10%以上の金利がかかってしまい、決められた金利手数料を支払わないといけません。
ただでさえ手元にお金がなくて困っている時に、分割払いの金利手数料を上乗せされるのは辛いですよね。
たとえば働いている職場からボーナスを支給される予定があったりなど何か臨時収入の見込みがあるなら、金利手数料が上乗せされてもそれほどきつくはありません。
ですが特に臨時収入の見込みがないのに金利手数料を上乗せされたら、支払いに窮してしまう可能性があります。
最終的に分割払いは一括払いよりも多くの金額を支払うことになるため、一括払いと比べると損です。
長く金利手数料が上乗せされるといつまで経ってもお金が残らないですし、金利手数料の上乗せは分割払いならではのデメリットです。

まとめ

クレジットカード現金化における分割払いのメリットとデメリットを、それぞれ詳しく説明しました。
分割払いは毎月の支払額を安く抑えられて支払いの計画を立てやすいメリットがありますが、金利手数料が上乗せされるデメリットもあります。
一長一短なので、メリットとデメリットを理解したうえでどうするのか決めましょう。