クレジットカード現金化でカードが利用停止にならないためにはどうしたらよい?

クレジットカード現金化は、法律的には違法な行為ではありませんが、カード会社の利用規約に反しています。
現金化を目的とした商品の購入を禁止にしているからです。
クレジットカードは利用規約に反すると、カードの停止、休止、退会処分にいなることもあります。
カードを使い続けていきたい場合、停止は避けないといけません。
どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。

換金率の高い実際に使いにくいものを連続して買わない

クレジットカード現金化がグレーな行為と言われる理由は、商品の購入が換金目的か必要で購入するのか、購入した本人しか理解できないからです。
必要でなくなったから売ったという行為は、犯罪でも何でもありません。
ですから現金化するために買った商品は、より実用性の高いものが良いです。
自分が実際に使用することができるかどうかを念頭に置くと、換金目的で商品を買ったとは疑われなくなります。
換金率が高いからと言って、使わないブランドのもののバックをいくつも買ったり、行き先が同じ新幹線のチケットを買ったり、必要性がないものの購入は避けたほうが良いです。

キャッシング枠、ショッピング枠を限界まで使って滞納しない

クレジットカード会社が換金目的で商品を購入しているか疑う理由に、本人がお金に困っているかどうかを判断することがあります。
カード会社が本人がお金に困っているとわかるきっかけは、まずキャッシング枠やショッピング枠を限界まで使っているかどうかです。
なんらかのお金に困っている状況は伝わりますし、カードを使ってまで買い物をしたかったんだということはわかります。
またカード会社に対して返済が滞っていることでも、お金に困っていると伝わりやすいです。
何度も続いている、連絡したけれど返済がないとなるとさらに怪しまれるきっかけにはなります。
使い込みをしないために、カードを複数枚持つなどの工夫はできますが、管理できる範囲ということは必須です。

自分でクレジットカード現金化しない

自分でクレジットカード現金化するには、商品買取方式を使って、商品を購入した後売ることで現金を手に入れます。
そのため商品選定は自分でおこなって、売るところまですべて自分でおこないます。
自分で商品の選定をするとどうしても偏りが起こったり、カード会社に気づかれることもあったり、うまくいかないこともあります。
しかし、業者を通せばそのようなこともあまりないと考えられます。
カード事故0、トラブル一切なしなど記載してある業者もあり、クレジットカード現金化の業者はそれ専門のプロです。
ノウハウも持ち合わせていて、今まで積んできた実績の中で安全な方法を使って現金化します。
ですから、業者を通したほうが怪しまれず済むこともあります。

まとめ

クレジットカード現金化は違法な行為ではありませんが、カード会社の利用規約に反するため、バレるとカード停止、休止、退会などのペナルティがあります。
それを起こさないためには、商品は実用性の高いものを買う、カードの使い方に気を付ける、自分でクレジットカード現金化をしないということです。
まずは怪しまれないことが大切で、業者の目をそらすことになります。