老後の不安を解消!老後にかかるお金と工面の仕方

現在は仕事をして生活が成り立っていても、老後のことを考えると不安になる人は多いです。
では、老後にいくらあれば良いのか、資金を貯める方法を見ておきましょう。

老後にかかるお金は夫婦で2,000~2,500万円

一般的に、老後にかかるお金は夫婦で2,000~2,500円と言われています。
ゆとりある老後を送るのであれば3,000万円必要とも言われていますよ。

もちろん条件によって変わりますが、一つの目安にしておきましょう。

老後にかかるお金はこのようなものがあります。
  • 住居費
  • 食費
  • 交際費
  • 介護費用
  • 子供や孫などに使うお金
基本的な生活費は、若い頃とそこまで変わりません。
若い頃と比べて食事の量が減りますが、その代わりに自宅にいることも多くなるので水光熱費がかさむことも。

自由な時間が多くなるぶん、趣味などにお金がかかることもあります。

介護や病気、入院をするとお金もかかりますし、子供や孫にお金がかかることも。
孫のお祝い金やお年玉など、人数が多ければそれなりの金額になります。

老後資金を貯める方法

老後手間になってからお金を貯め始めるのは得策ではありません。
お金はすぐに貯まるものではないので、なるべく早い内から取り掛かるようにしましょう。

例えば、こんな方法があります。
  • 毎月決まった額を老後資金として貯める
  • 日頃から節約をする
  • 保険の見直しをする
  • 投資信託を利用する
  • 不動産投資を検討する
少ない金額でも、貯蓄や節約を長年していけばそれなりのお金になります。
まだ老後まで時間があるのであれば、コツコツと貯めていくようにしましょう。

ファイナンシャルプランナーなどに依頼して保険の見直しをするのも有効。

投資信託や不動産投資などを活用して老後資金を作る人もいるので、まずは勉強をしてみるのもおすすめです。

お金に不安があるなら若い内から貯めておこう

老後のお金が心配なら、若い内から手を打っていくようにしましょう。
いきなり大金が手に入るという話は詐欺であることが多いので、コツコツと自分で貯めていくのがおすすめ。

いざ老後がきたときに焦らないよう、若い内から実行していくことが大事です。